ほかの金融商品と比較をしてみると手数料が安い

ほかの金融商品と比較をしてみると手数料が安い

為替取引方法はFX以外にいくつもありますが、実際のお金を外貨に投資していくとき、どうしても手数料が高額になってしまうでしょう。そして高額な手数料をかけ日本円を外貨に替え投資をしてかりに値上がりしても、それをまた日本円に戻していく時さらに手数料が必要となるわけです。ですが、FXは基本的に取引手数料が無料で、有料のFX会社もありますが。それでも外貨預金と比較すれば1/10以下なのです。そしてこうした事実を知って見れば、FX会社はどこで収益を得ているのかといったことを疑問に感じたりしますが、実は買いと売りの額は差がつけらえていて、これが手数料収入になるわけです。そしてニュースでも1ドル=90.09~90.10円と幅が設けられていて、これは海外1ドル=90.10円、売りが1ドル=90.09円といった意味であり、この買いと売りの差額0.01円がFX会社の手数料となるわけです。そしてこれは厳密にいうと外貨投資と意味が異なっていて、為替差益を得るということでは投資の目的は一緒です。それなら、とても安い額の手数料で取引できるようなFXはとても魅力のある取引手法といえるわけです。そして、FXは会社選びが勝ち負けに影響してくるといわれているほど、会社によってメリットやデメリットがある金融商品なのです。そして、FX会社のサービスは年々向上していて他社競合との差別化が図られているようになっているわけです。