はじめての投資信託

はじめての投資信託

最近、銀行でも投資信託を販売しており、いろいろな様々な投資信託が販売されるようになりました。投資信託は、国内に投資しているもの、海外に投資しているもの、
にわかれたり、商品では、株、債券、投資信託ですが、さらに投資信託に投資して運用するものなど様々です。何かよいというのは、人それぞれちがっていますが、投資信託を
購入するばあいは、手数料がかかります。手数料は販売会社によって異なります。手数料が全くかからないところもあります。銀行などでは、何かのキャンペーンで手数料が無料になったりしますし、証券会社では、ネットの取引などを行っている所は、ノーロードとよばれる投資信託があり、これは手数料がかからない投資信託という意味です。また、投資信託は、人に運用してもらうためコストがかかります。信託報酬といって運用するのにかかるコストが何%かと言う事が販売資料や、買付の際に確認する目論見書にかいてあります。また、解約するときにも手数料がかかる投資信託もあります。購入するときはそのあたりも確認してから購入をきめる方がよいです。投資信託は、その運用に応じて分配菌がしはらわれますが、毎月分配型や四半期に1回、年2回など分配がでる時期がありますが、必ず分配はできるものではないので注意が必要だと言う事と、毎月分配型だといっぱいもらえるような気がしますが、年2回の方が分配のでる金額が多いと言う事もありますので、年間ででる分配の額なども確認された方がよいと思います。