FX1000通貨の本音をチェックするブログ

初心者がFX1000通貨の口座選びをするポイント

金利が安い日本円で金利が高い豪ドルを買うとなれば、金利差分のスワップ金利が発生して2011年時点で日本絵の金利が0.1%豪ドルの金利が4.75%であり、4.65%の金利差分となるわけです。そして、2011年7月20日に豪ドル/円を1万通貨のみかったら1日約100円のスワップ金利がつき、約1年2か月後40901円まっていて、その次は豪ドル/円を3万通貨かって、今度は2か月しかたってなくて、すでに21519円のスワップ金利がついているのですが、こうして高金利国の通貨を買い、スワップ金利狙いで長期保有していくこともFXの魅力になっています。そして、初心者はコストと使いやすさで口座を選ぶことになりますが、FXの取引コストは買値と売値の価格差=スプレッドだけであり、これは先ほど紹介をした売買手数慮のことで1ドルにつき往復0.5~2銭程度かかっています。ですが0.5銭と2銭だと4倍違っていて、スプレッドが安いようなFX会社をしっかり選びたいものです。そして、次に使いやすさと操作性を確認することとなりますが、高機能なツールがあるとベターということではなくて、むしろ初心者はシンプルなほうが売買しやすいと思ったりします。そして、アンドロイドなどスマホで取引をしていく主婦の方も増えていて、アプリをリリースしているFX会社もピックアップします。そして、こうしたことを総合的に考えてみれば2年連続で手数料満足度が1位のGMOクリック証券などは実績が保証されています。

 

 

FX1000通貨で液晶モニター上のお金を監視

 

FX1000通貨取引において、何が一番こわいかというと、実際のお金を目で見ていないので、金銭感覚が麻痺してしまうことです。たとえば、1000万円という金額は、誰にとっても大きな金額です。そして、1000万円という現金を自分の目でみていれば、その1000万円の重さも自覚することができます。しかし、FX取引というものは、モニター上のお金のやり取りだけをみていることになります。そのため、たとえば、1000万円の取引をおこなっている場合でも、自分の所有しているお金の行方などの実感がわかないことが多いのです。

 

そうなると、たとえば、損失を出して、1000万円が500万円になってしまっても、モニターだけを眺めていると、損失を出してしまったという実感さえもわかないこともあります。そして、冷静に現実をみることさえも不可能になってしまうのです。そんなことから、FX取引というものは、その仕組みなどもよく理解した上で始めたほうがいいでしょう。そうしないと、損失を出していることさえも気づかずに、自己資金を失ってしまうことになります。現金や預金通帳の数字ならば、資金の増減を実感できる人も、モニター上のお金の増減にはピンとこないことも多いのです。こういうことにも、十分に気をつけたほうがいいでしょう。

 

また、モニターをみながらの取引なので、当然のことながら、パソコンなどの知識も必要になります。そういったことが苦手な人も、安易な気持ちで取引を始めないほうがいいでしょう。

 

 

FX1000通貨の業者選びのコツ

 

FXは業者選びがかなり重要になってきます。自分の取引の仕方によって選ぶ業者を変えなければならないほど重要なものです。FX業者を選ぶポイントとしてスプレッドの狭さや約定の際に滑りがないことやどれくらいレバレッジをかけれるかなど様々なものがあります。例えばデイトレードやスキャルピングを主に行っているのにスプレッドの幅が広い業者を利用していれば当然利益も大きく減ってしまいます。それだけならまだ良いのですが手数料のせいで取引自体はうまくいっているのにマイナスになってしまうということも実際にあります。なので自分がデイトレードやスキャルピング等の取引回数の多い手法をとっているのであればスプレッドの狭い業者を選び、そうではなくスイングトレードなど長期の取引を行っているのであればスプレッドは特に気にせずにその他の要素が優れている業者を選んでください。例えばスイングトレードを行う人の場合、スワップポイントがどの程度つくかを気にした方が良いです。それと追証があるかどうかにも目を向けてください。何故かと言うとスイングトレードの場合、長期間ポジションを保有している状態になるので、大きな経済の動きがあったときに自分の想定以上の負債を抱えて込んでしまう時があります。仮にロスカットの設定をしてたとしてもあまりにも大きく相場が動いたときには決済されないことがあります。なのでそうなった場合にかなりの額の追証が発生する可能性が出てきてとても危険なのでしっかりとその辺は対策をしておいてください。このようにどの業者を選ぶかによって自分の運用成績にも大きく影響が出てくるのでしっかりと考えて自分にあった業者をこのようなサイトから選んでください。

 

為替取引方法はFX以外にいくつもありますが、実際のお金を外貨に投資していくとき、どうしても手数料が高額になってしまうでしょう。そして高額な手数料をかけ日本円を外貨に替え投資をしてかりに値上がりしても、それをまた日本円に戻していく時さらに手数料が必要となるわけです。ですが、FXは基本的に取引手数料が無料で、有料のFX会社もありますが。それでも外貨預金と比較すれば1/10以下なのです。そしてこうした事実を知って見れば、FX会社はどこで収益を得ているのかといったことを疑問に感じたりしますが、実は買いと売りの額は差がつけらえていて、これが手数料収入になるわけです。そしてニュースでも1ドル=90.09~90.10円と幅が設けられていて、これは海外1ドル=90.10円、売りが1ドル=90.09円といった意味であり、この買いと売りの差額0.01円がFX会社の手数料となるわけです。そしてこれは厳密にいうと外貨投資と意味が異なっていて、為替差益を得るということでは投資の目的は一緒です。それなら、とても安い額の手数料で取引できるようなFXはとても魅力のある取引手法といえるわけです。そして、FXは会社選びが勝ち負けに影響してくるといわれているほど、会社によってメリットやデメリットがある金融商品なのです。そして、FX会社のサービスは年々向上していて他社競合との差別化が図られているようになっているわけです。

続きを読む≫ 2015/04/22 08:54:22

株式投資のとき注文をあらかじめ入れておくことは可能であっても市場の開いている9~15時しか取引できなくて、その点FXは24時間いつでも取引していけるメリットがあります。そして、昼間お仕事をしているようなサラリーマンは自宅に帰ってからしか取引できる時間を取れないですが、そのため株式投資は時間の都合上、リアルタイムでの取引はほとんど不可能ですが、FXは帰宅後遅い時間であっても売買していけます。そして日中働いていく方に最適な投資といえるでしょう。そして、時差があるので海外市場が開いていく時間ちょうど日本時間の夕方から深夜にかけてでありむしろ22~24時は特に市場が活発で世界中で最も為替が動きやすいような時間帯に取引が行えます。そして急激な為替変動が起きれば株式投資は利益が出にくくなって円安だとエネルギー関連の株が下がってきて、円高だと製造業などの輸出関連株が下がってきます。ですがFXは買いと売りの両方ができて、市場に左右されないで自分のタイミングで取引ができるのです。そして日本円が強いと思うと、日本円を買い米ドルを売ってみればよく、もしも英ポンドが上がると思えば、日本円を売り、英ポンドを買えばいいわけです。そしてFX会社により10~20、多いところで100以上の通貨ペアで売買していけて、仮に特定の通貨ペアの値動きがわるいようなことがあっても、そのほかの選択肢の中で変動の大きな通貨ペアを売買していくと、短期的な取引によって利益を得らえるようなことが十分できるでしょう。

続きを読む≫ 2015/04/22 08:54:22